Water leak

ガラス交換で快適に

もっとも効果的

Water repair

年数の経過した既存の住宅に住む人から、窓ぎわが寒いとか、結露がひどいとか、エアコンの効きが悪いとかいったような声が、しばしば聞かれます。こうした不満を改善するための工事で、もっとも簡単で効果的なのが、ガラス交換です。 住宅全体の熱損失量のうち、夏は70パーセント、冬は50パーセントほどが、窓からになっていて、床や壁、屋根などよりもはるかに多くなっています。 つまり、住宅の断熱性能を向上させるために、もっとも効果的な方法は、窓まわりの性能を高めることであると言えます。 しかし、サッシ全体を交換しようと思うと、どうしても建物本体を傷つけてしまうことになり、工事も大がかりになってしまいがちです。 その点、ガラス交換は、単一のガラス業者に依頼するだけで事足りるため、大変便利で、なおかつ効果的です。

冷暖房費を削減

既存の古い住宅で、現在使用しているのが単板ガラスであれば、それを複層ガラスへと、ガラス交換することが、もっとも簡単で、効果的な方法です。 このガラス交換の工事は、既存のサッシに、複層ガラス用のアタッチメントを設置して、ガラス交換をするだけで終わります。その他の部分を傷つけることもなく、工事も1日か2日程度で終了します。 効果の方も大きく、年間の冷暖房費が、およそ25パーセントも削減できる計算になります。 さらに断熱性能を向上させようと考えるならば、特殊金属膜をコーティングした、遮熱低放射複層ガラスを用いれば、単板ガラスの場合とくらべて、40パーセント近く年間の冷暖房費を削減できる計算になります。 このように、簡易な工事であるにもかかわらず、大きな断熱効果が見込めるため、ガラス交換工事は大きな人気となっています。